インプラント

インプラント治療で歯に悩まない生活をしよう

入れ歯に代わって歯を補う方法として、あごの骨に支柱を打ち込むインプラント治療
歯に負担がかからないことは知っていても、新しく登場した方法ということで不安という方もいるでしょう。
しかし、最近ではほとんどの歯医者で治療可能になるなど珍しいものではなくなりました。
国立市にある「Nobleくにたち歯科」は、患者様に安心して治療を受けていただけるよう、こちらのページでインプラントについてご紹介します。

インプラントのメリット

インプラント治療には大きく分けて4つのメリットがあります。

自分の歯のように咬める

入れ歯やブリッジの時には食べられなかった堅いものや粘着性のあるものも、インプラントでならしっかりと咬むことができます。

歯を気にせず生活できる

入れ歯は歯にバネをかけて取り付けるため、話をしている際に相手から気付かれてしまい、恥ずかしい思いしたことがある方もいるでしょう。
しかし、インプラントなら一見して気付かれる心配はありません。

隣の歯に対する侵襲が少ない

削った歯は、その寿命が短くなると考えられています。
たとえば、1本の歯を補うためにブリッジを入れると両隣の歯も失ってしまう可能性が高いです。
インプラントはブリッジのように隣の歯にバネをかける必要がないため、燐在歯(インプラントに隣接する歯)への影響が少なくすみます。
噛む力が均等にかかります点もインプラントの優れた点です。

こんな方にインプラントがおすすめです

ブリッジが両隣の歯を侵襲することに抵抗がある方

ブリッジ治療は両隣を土台にするため、歯を削らなければなりません。
また、神経を抜くケースもあります。
しかし、インプラント治療は周囲の歯を傷付けず、欠損した歯だけを補うことができる方法なのです。

一番奥の歯を失いブリッジができない方

ブリッジ治療は両隣に支えがないと行えません。
また、一本の欠損のために入れ歯を使うことに抵抗がある方もいるでしょう。
インプラント治療は骨に支柱を打ち込むため、奥の歯を失っていても大丈夫です。

入れ歯のメインテナンスに煩わしさを感じている方

入れ歯は食事のたびに口から取って清掃する必要があります。
不衛生な状態だと歯周病の原因にもなりますが、面倒だと思う方は多いでしょう。
インプラントはこのようなメインテナンスが不要。
お手入れの手間も省くことができます。

入れ歯のバネが気になる方

入れ歯はバネによって支えられているため、会話や食事の時に周囲から見られて恥ずかしいという方もいます。
インプラント治療の場合、自然な見え方になるため外観も安心です。

入れ歯が合わずに作り直している方

入れ歯は歯肉を圧迫します。
そのため、口腔内の状態が変化して食事中などに外れてしまうこともあります。
インプラントなら外れてしまう心配もありません。

嘔吐反射が強い方

入れ歯は口腔内の大部分を覆うため、人によっては不快感を覚えるかもしれません。
しかし、インプラントは自分の歯のように装着できます。

固い物が咬めない方

入れ歯の咀嚼圧(咬む力)は天然歯に比べて3分の1程度しかありません。
総入れ歯の場合、固い物を咬むと痛みがある他、食べ物の触感や温度感が分かりにくくなってしまいます。
インプラントは咀嚼圧を維持しながら食事ができます。

入れ歯でしゃべりにくい方

入れ歯を使い始めた時、発音が難しくなります。
インプラントはしゃべりにくさを気にせず会話ができます。

お支払い方法

当院では現金以外にもクレジットカード払いも対応可能です。
また、まとまったお金のご用意が難しい方でも、窓口での分割をご相談させて頂いております。
治療を検討中でも事前審査を行えますのでお気軽にご相談ください。
ただし、自由診療のみの適用となるのでご注意ください。

国立市の「Nobleくにたち歯科」が
皆様からお選びいただいている理由はこちら

インプラント治療について
詳しい情報を知りたい方はこちら

自費治療と保険治療の違いについて
詳しく理解したい方はこちら

↑

35.697456407293394,139.4477204306885

Nobleくにたち歯科
東京都国立市東1-15-11 448ビル1F

35.6971898,139.44705720000002